Mid Century Modern

スポンサーサイト

2010.03.01 Monday -

一定期間更新がないため広告を表示しています

ジャスパー・モリソン +バーゼルチェア+

2010.02.22 Monday comments(0)

ジャスパー・モリソン +バーゼルチェア+ iconジャスパー・モリソンらしい、まさにスーパーノーマルなスタンダードチェア「Basel Chair(バーゼルチェア)」がvitra社から登場。脚部やフレームに木材、背と座にプラスチックを利用した異素材の組み合わせが、ヨーロッパの「普通の木製椅子」に新たな息吹を吹き込む。慣れ親しんだバランスのよいプロポーションは、ビスを使わないプラグイン工法で接合した美しい仕上がり。現代の技術を巧妙に駆使し、快適な座り心地を実現している。カラーバリエーションが豊富な事も魅力の一つ。

チャールズ&レイ・イームズ +チルドレンズチェア+

2010.02.21 Sunday comments(0)

チルドレンズチェア icon1945年にイームズがデザインした、子供用椅子。1946年から47年の間に5000脚のみ販売された、幻のコレクターズアイテムが復刻。この椅子、軍事目的(レッグスプリント)以外では初めての3次元成形合板による家具であった。イームズのプライウッドチェアの原点とも呼べるこの椅子は、かわいらしいフォルムと美しい木材の湾曲を楽しむ事ができる、プレミアムチェアである。

ジャン・プルーヴェ +Tabouret Haut+

2009.09.30 Wednesday comments(0)

icon1942年にデザインされたジャン・プルーヴェの「Tabouret Haut(タブレウ)」。フランス語でHigh Stoolを意味するTabouret Hautには、明快な構造とシンプルで控えめなフォルムが調和した、プルーヴェらしいデザイン手法がみられる。トラディショナルなバースツール。脚部の内側につけられたリング状の部材は、強度を高めるとともに、快適なフットレストとしての役目も果たす。

SANAA +サナーチェア+

2009.08.25 Tuesday comments(0)

iconSANAA CHAIRは、彼等の建築デザインに通ずる繊細なフォルムと、スチール材の温かみが特徴。単一素材の素朴な構造でありながら、ミニマルで優雅なフォルムを実現し、極めて軽快な印象のデザインチェア。1点1点品番を刻印した、プレミアム度の高いミラークローム仕上げと、屋外使用にも可能な亜鉛メッキ仕上げの2タイプがある。世界で活躍する建築家の手によるデザインチェアである。

アントニオ・チッテリオ +ビザロール+

2008.12.17 Wednesday comments(0)

iconアントニオ・チッテリオの名作、Visavis(ビザビ)のデザインを踏襲しつつ、4本脚のキャスターベースで可動性を増したワークチェア「Visaroll(ビザロール)」。形状は変わっても、アームからベースへと続くカーブの美しさは健在。快適な座り心地のシートと、バックレストのゆるやかなカーブが体にフィットし、長時間座っていても疲れにくい構造。コンパクトでスタッキングも可能。キャスター付きのテーブルと組み合わせれば、さらにフレキシブルにご利用することが出来る。インタラクティブなワークスペースにお勧め。

ヴェルナー・パントン +パントンクラシック+

2008.09.15 Monday comments(0)

iconヴェルナー・パントンの最高傑作であるパントンチェア。現在はポリプロピレンで生産されているが、オリジナルはFRP素材。一枚のプラスチックを使ったチェアをデザインしたいと何年間も試行錯誤した結果、このパントンチェアにたどり着いた。原型は60年に発表されているが、67年からハーマンミラー社が生産を開始。プラスチックを注入して型を取る方法は、大量生産に適していた。プラスチックの質感が十分味わえるのはパントンクラシックならではである。実に美しい。

ジャスパー・モリソン +フォールディング エアチェア+

2008.09.12 Friday comments(0)

iconイギリスの人気デザイナー、ジャスパー・モリソンの名作「エアチェア」に折り畳み機能が追加されて新登場。軽くて運びやすく、屋外でも使用可能です。ゲスト用チェアとして、キッチンやベランダに畳んで置いておくのに最適。ポップなカラーも魅力のひとつ。是非、何脚か揃えてみたいプロダクト。何気ない空間をカラフルに彩る素敵なチェア。

チャールズ&レイ・イームズ +オーガニックハイバック+

2008.09.09 Tuesday comments(0)

icon1940年に開催されたニューヨーク近代美術館の「住宅家具のオーガニックデザイン」コンペのために、チャールズ・イームズとエーロ・サーリネンが共同製作したOrganic Chair(オーガニックチェア)。長く伸びた有機的なフォルムのバックシートが、ネックサポートとなり、非常に快適な座り心地を提供する。アームレストと座面のサイズはスタンダードなオーガニックチェアよりも幅広くとられており、よりゆったりとくつろげる、ラウンジスタイルのアームチェア。

ロナン&エルワンブルレック +スローチェア&オットマン+

2008.09.09 Tuesday comments(0)

iconロナン&エルワンブルレックが提案する新しいスタイルのラウンジチェア「Slow Chair(スローチェア)」が誕生。メタルフレームに張られた、薄くて弾力性のある特殊なニットファブリックが、心地よく体にフィット。幅広の大きな座面は、様々な格好での座り方を柔軟に受け止めてくれる。従来の重量感のあるラウンジチェアのイメージを一新する、繊細で洗練された存在感のあるSlow Chair。非常に軽量な事も特徴の一つ。

ヴェルナー・パントン +パントンジュニア+

2007.09.23 Sunday comments(0)

ヴェルナー・パントン +パントンジュニア+iconデンマーク出身、ミッドセンチュリーの中心デザイナー、ヴァーナーー・パントンの代表作。パントンチェアは、世界で初めてプラスチックのみによる座面と脚部の一体形成を可能にしたイスであると同時にオーガニックデザインの最高峰と称されている。そんな名作パントンチェアの、子供向けサイズにスケールダウンされた作品。オリジナルサイズにはない、新たなカラーバリエーションも魅力のひとつ。プレゼントやデザイン好きな大人のコレクションに重宝する。

Page ::  1/12   >>